イベントのご案内

 

参加者募集中!!2017年4月30日(日)
セミナー「医師と考える在宅チーム医療での薬剤師の役割」

医師の往診
☆在宅医療のリアルが分かる!☆
☆チームで活躍するためのスキルを学べる!☆

日時:2017年4月30日(日)13:00~17:00
場所:東急REIホテル(地下鉄栄駅8番出口徒歩8分)

【薬学生・全学年対象】
【参加費無料】
【交通費支給】(上限2万円)

「住み慣れた家で安心して暮らしたい」
患者さんの思いを実現するために、医療・介護職の連携は欠かせません。
「誰もが安心」「患者中心」の在宅チーム医療を実践する
薬剤師・医師・看護師が集まり、それぞれの視点で在宅チーム医療の姿を
語ります。
多くの薬学生の皆さんの参加をお待ちしております!!

—–【セミナー内容】——————————————
1.基調講演「医師から見た在宅医療と他職種連携」
医療法人名南会 名南診療所所長 大森 久紀
<大森医師プロフィール>
地域の方のニーズ応えるため、在宅医療に力を入れ、目の前の患者さんを
救おうと日々取り組んでいる。
今の社会・医療が抱える課題にも目を向け、多職種連携・チーム医療の必要性
を広く伝えている。

2.パネルディスカッション
「薬剤師・医師・看護師が語る 在宅チーム医療でのそれぞれの視点・役割」

 わかば薬局かなめ店(名古屋市)店長 薬剤師 本樫 寿裕
 医療法人名南会 名南診療所所長 医師 大森 久紀
 医療法人社団静岡健生会 三島共立病院 看護師 鈴木 記代江

薬剤師がチーム医療に加わることで、在宅医療は何が変わるのでしょうか。
医師・看護師の在宅医療での職務と、在宅チーム医療の中での薬剤師の役割
を学びます。
また、「いつでもどこでも患者様の立場に立って親切でよい医療を行う」こと
を60年以上続けてきた、民医連ならではの在宅医療をお伝えします。

3.グループワーク
・ワークショップ「『チーム力』を磨こう!」
・現役薬剤師と考える「チーム医療の中の薬剤師」

チーム医療のためには、それぞれが自分の持つ知識や意見を、
正確に、相手の立場も理解しながら伝え合う必要があります。
まずはゲーム形式のグループワークを行いながら、コミュニケーションスキル
について学びましょう。
そして、現役の薬剤師と語り合い、「自分が目指す薬剤師」について、
考えを深めていきましょう。

——————————————————————–

 

2016年9月3日(土)~4日(日)「薬学生夏のつどい@静岡」開催!

毎年開催している、薬学生夏のつどい。
今年は富士山のお膝元、静岡県御殿場で開催します。

「ハンセン病療養所をたずねて医療者の原点を見つめる」
1.国立駿河療養所をたずねて
講演 入所自治会長 小鹿さん
静岡健生会 高橋さん

2.ポリファーマシー事例検討
~患者さんにとって本当に必要な薬とは~

日時:2016年9月3日(土)13:00~ 9月4日(日)12:00
宿泊:御殿場高原 時之栖

夏のつどいチラシ

薬学生の仲間と語り合い、目指すべき薬剤師像を一緒に考えていきませんか?
ご参加お待ちしております!!

NEW!
今年もやります!2016年4月3日(日) 薬学生セミナー

参加申し込みはこちら

毎年ご好評いただいている、薬学生向けの春のセミナーを今年も開催します!

嬉しい言葉をかけられる薬剤師になりたい。
そんな関係になるにはどうしたらいいのだろう。
私たち民医連(民主医療機関連合会)の薬剤師は
患者さんに寄り添ったサポートはもちろん、
誰もが安心して暮らせる社会を考え、行動しています。

今回は、患者さんとの信頼関係の築きを軸に
自信をもって続けている私たちの医療をお伝えします。

患者さんと心でつながる「かかりつけ薬剤師」への道を
あなたもここで見つけることができるはずです。

 

日時:2016年4月3日(日)13:30~16:30
会場:名古屋栄 東急REIホテル(地下鉄東山線栄駅8番出口より徒歩8分)
http://www.tokyuhotels.co.jp/ja/hotel/TR/TR_SAKAE/index.html
☆ケーキバイキング付!
☆交通費支給
☆全学年対象

プログラム:
=第一部= 薬剤師による実践報告
theme1:南生協病院「先生!もっと薬剤師を頼ってください」
“チーム医療”もう古くからある言葉ですが、
臨床では医師や看護師に比べると、
どうしても薬剤師は影が薄くなりがちです。
結局、薬剤師なんて医師の処方がないと何もできないとか、
薬を作ってるだけとか言われたり……そんなことはない!
“共同薬物治療管理”、“ポリファーマシー問題”などなど、
今こそ薬剤師の力を発揮しなければならない時代です。
薬剤師を頼ればもっと良い医療ができます。
もう正直、薬剤師が薬を処方したほうがいいんじゃないですか先生!?
当院循環器内科・腎臓内科病棟での薬剤師の取り組みについてご紹介します。
ただし取り組みはかなり個人的、かつ我流ですので予めご了承ください。

theme2:三重ヘルスプランニング「『在宅でも薬の管理をしてほしい』といわれて」
居宅薬剤管理業務の展開が期待されている時です。
在宅での薬剤管理業務は往診患者が対象と考えられていますが、
地域には往診だけでなく様々な医療サービスを受け、療養している方がたくさんいらっしゃいます。
中には、薬物療法が重要で服薬管理・服薬確認がケアプランの目標になっているケースもあります。
今回は、患者さんや患者さんの家族を中心に、薬剤師とケアマネージャー、病院との連携で
居宅療養管理指導となった取り組みをご紹介します。

theme3:ファルマネットぎふ「3年分の処方薬を飲まずに保管していた事例」
自身の疾患について理解はしているが治療に向き合わず、
また、医療者にも心を開かない患者さんに対してどのように向き合うのか?
とある糖尿病患者さんが抱えていた問題の発覚からその対応までをご紹介します。
医師・看護師と連携した「チーム医療」を実感していただけると思います。
「自分が薬剤師だったら何ができるだろうか」と思いながら聞いてください。

theme4:協立総合病院「顏晴(がんば)れ!! 薬剤師として大事なこと」
学生から社会人になることは大きな変化であり不安な面もたくさんありますよね。
でも安心してください! 私達みんなが期待と不安からスタートしました。不安は成長への第一歩です。
当院の薬剤師はみんなが様々な形でサポートし合い成長しています。
そしてなにより《笑顔》があふれています。
まず薬局の1日を動画でまとめましたので、ぜひみんなの表情に注目してご覧ください。
そして患者様の尊厳を守りながら少しでも安らかな生活をサポートする緩和ケアチームの一員として活躍している
薬剤師についても紹介します。

theme5:ファルマネットみなみ「抗がん剤治療患者への薬局薬剤師の支援活動とは」
医薬分業されて医薬連携と言われ久しくなります。
現実では一部進んでいる地域を除いて医療機関と保険薬局で共同の取り組みはまだ途上にあります。
今回、乳がん患者で外来化学療法室にて治療しない事例を通して、
治療支援と副作用対処していく中で、病院と保険薬局間で情報共有し医薬連携できた経験を紹介します。
保険薬局の薬剤師としてどんな活動がやれるのか一緒に考えてみませんか。

=第二部= 合同進路相談会
ブース出展<予定>
[愛知]
総合病院南生協病院
協立総合病院
千秋病院
わかば薬局( ㈱ファルマネットみなみ)
[岐阜]
(有)ファルマネットぎふ
みどり病院
[三重]
(有)三重ヘルスプランニング
[福井]
光陽生協病院
保健共同企画ふくい
[静岡]
三島共立病院
静岡健康企画
[富山]
富山協立病院
㈱ふれあい薬局

 

2015年9月5日(土) 薬学生夏のつどい開催

いま、旬の場所金沢にて、
薬学生の皆さんを対象にしたイベントを開催します。
日ごろの学校生活や勉強ではなかなかできないこと、
聞けないことをこの夏に体験してみませんか?
交流会では先輩若手薬剤師より、
国試に向けた勉強のコツも教えてもらえます。
ぜひご参加ください!

日時:2015年9月5日(土)13:00~ 夕食交流会 18:30~
会場:菜の花薬局(石川県金沢市京町2-18)
内容:講演「地域になくてはならない医療者になるために」
フィールドワーク 一人暮らしの高齢者のお宅に訪問します

参加費無料
参加申し込み締め切り:2015年8月18日(火)
詳細チラシはこちら

2015年4月29日(水) 薬学生セミナー・合同企業説明会

4月29日(水・祝)、2015薬学生セミナー・合同企業説明会を開催!
今年のテーマは「患者さんとのふれあい」です。
東海北陸地域の病院・薬局が参加し、実践報告や企業説明会があります。
高学年の学生向けに、企業説明会を、
低学年の学生向けに、なんでも相談コーナーを設け、
新人薬剤師やベテランの薬剤師とお話しできます。
薬学生のみなさん、ぜひ参加してください!

日時:2015年4月29日(水・祝)13:30~16:30
会場:名古屋栄 東急REIホテル(地下鉄東山線栄駅8番出口より徒歩8分)
☆ケーキバイキング付!
☆交通費支給

☆無事終了しました☆
ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

前半では南生協病院(名古屋)、しいのみセンター薬局(岐阜)、
ほほえみ柳山薬局(三重)の薬剤師が熱く語り

後半はケーキバイキングを楽しみながら、


ブースでじっくりお話ししました。
また、東日本大震災の支援に行った薬剤師から、
そのときの、そして今のお話をいただきました。

参加された学生さんからは、
「これだけの病院、薬局に話を聞けるなんて!」
「調剤・投薬だけではない、薬剤師の仕事が分かった」
そんな意見をたくさんいただきました。

当日、授業のある大学もいくつかあって、
参加できなかった学生の皆さんには本当に申し訳なかったです…。

私たちも、学生の皆さんの意識の高さに
背中を押される思いでした。

ファルマネットとうかい・ほくりくではこれからも
薬学生の皆さんに向けた企画を考えていきますので、
ぜひご参加くださいね!

2015年4月29日(水) 薬学生セミナー・合同企業説明会